印影がぶれてしまう

印鑑イメージ

私は印鑑を押すときに、ぶれないようにするためにはどうしたらいいかとよく考えてしまうことがあります。

スピードを重視すればかすれてしまうでしょうし、かすれないように上下に軽く印鑑をふってみた場合には、油断していると印鑑がずれてしまって、印影がぶれてしまうんですよね。

このぶれに、一体何度悩まされてきたことでしょうか。
印鑑を上手に押すことが出来ない自分が、悔しくてたまりません。

私のような印鑑下手な人のために、絶対にぶれないような印鑑があると有難いと思ってしまうのです。
印鑑はかなりアナログなものですから、それに対してそんな機能をつけることができるのかと思ってしまいますが、要するに印鑑が動かなければいいわけですよね。

印鑑を押すときにまわりにストッパーみたいなものがあれば、ぶれる心配は無いのではないでしょうか。
たまに印鑑がぶれるのではなくて、その下の紙がずれてしまうようなこともありますね。

これは本当に悲しくなってしまいます。
ついつい紙を押さえる手に力が入ってしまって、紙がくしゃくしゃになってしまうと大事な書類が台無しになってしまいますからね。

私は印鑑を押すとき、場合によっては緊張して手が震えてしまうことがあるのです。
これが起きてしまうと、どんなにぶれないようにと思っていても、手の震えが止まらなければ難しいですから、必死にもう片方の手で押さえつけたりしてしまうんですよね。

そのため手の震えが止まるまでの間、身動きがとれなくなってしまうと無駄に時間がかかってしまいます。
押すこと自体に失敗するようなことがなければ、その緊張もなくなると思うんですけどね。

ページの先頭へ