人から機械へ技術を受け継ぐ

手彫り印鑑イメージ

印鑑やさんのホームページを見ていると、手彫り印鑑をどれだけはやく作ることが出来るのかと思ってしまいます。
人間の限界はあるでしょうから、いくらスピードを上げたとしてもその限界を超えることは難しいでしょう。

ですのでいくらベテランで作業が早い人であっても、機械のスピードを越えることは出来ないはずです。
機械の技術力はどんどん上がっていますから、人間の技術力はどんどんおいていかれてしまうことでしょう。

スピードはもちろんのこと、彫りの技術もかなり上がっていますので、人間はかなり不利な状況に立たされています。
それでも手彫りがよいという人もいるわけですから、手彫りを求める人がいる限り、とりあえず仕事は確保できるでしょう。

ですが実際に彫っているところをお客さんが直接見ているわけではないのですから、本当に手彫りで彫っているかどうかといわれても、わからないのではないでしょうか。
非常に綺麗な仕上がりなら、素人には判断がつかないことでしょう。

手彫りと偽って機械で彫ったとしても、お客さんが気付かないとなれば手彫り印鑑の存在自体が危うくなってしまいます。
スピードもコストもその能力も機械が上回ってしまうとなれば、人間は活躍できなくなってしまいます。

それによって長い伝統や技術が失われている仕事は、世の中にはたくさんあるのです。
ですが人から人へ受け継ぐことだけが技術の継承というわけではありません。
人から機械へ技術を受け継ぐのも、現代らしい継承の方法とも言えるのではないでしょうか。

〔オフィスで活躍!お勧めグッズ〕

【サンビー館】では、ビジネスシーンで活躍する回転ゴム印、 データ印を格安でお取り扱い中!

一本あるだけで、捺印作業の効率が格段にアップします!

ページの先頭へ